和僑会について

使命と理念

【使命】
世界各地で起業する人、企業のリーダーを目指す人、総ての『和僑』の人達の育成と支援に尽くす。
また、世界の様々な中小企業との交流によりメンバーの事業発展に貢献するものである。

【理念】
1.和をもって貴しとなす。思いやりを持って人に接する
2.共存共栄、相互扶助
3.地域社会への貢献

 

和僑会の精神
21世紀に入り、多くの産業が一国内で完結しえない時代、いわゆるグローバル経済の時代のなかにあると言えます。これは日本に限ったことではなく、諸外国も同様であり、最適化のために世界視野でアロケーションを検討するようになっています。

このような時代の中、多くの日本人も世界各地で活躍をするようになりました。昨今世界的にも注目を集めている中国ビジネス。その巨大な労働人口、消費市場が中国ビジネスを牽引していることは間違いないことですし、世界中から企業が集まっていることも事実であるといえるでしょう。

ただ、このような追い風のみが昨今の中華系企業の強みではないように私たちは考えています。それだけではないもの、それは何なのか?それは、中華圏に脈々と根付く人的ネットワークです。このネットワークこそが人、物、お金の流動性を上げ、経済の活力を底支えされているのではないでしょうか。

その世界中のネットワークに人、物、お金がのっていく、それらをみなで共有することにより相互補完、助け合いが成立しています。

私たちは、グローバリゼーションの時代に世界中で活躍している、日本人がネットワークをつくり、相互補完、助け合いの中で日本経済がますます活力あるものになるよう、世界の中で『日本』の価値が高められればと考えています。

和僑ネットワークは、世界で活躍する日本人どうしの架け橋、また日本と世界の架け橋になりたいと考えています。

 

大きな目標
多くの企業、人材がチャンスをつかみ、世界で活躍できること。和僑ネットワークはそういう場を提供します。日本が持つ強みを日本人である我々が共有し、伝承していける場になります。

ジョホールバル和僑会について

海外では待ちの体制では何事も前に進みません。

どのようなジョホールバル和僑会にして行くのか?

どんな形で社会(地域)貢献出来るか?

日本の次世代に夢と可能性をジョホールバルから与えることができるか?

マレーシア国民と共存繁栄を考え相互研鑽してゆく会がジョホールバル和僑会です。

 

◎ジョホールバルから新風を起こす

これからアジアで一番熱い市場のジョホールバル

シンガポールの対岸に位置する西側経済とイスラム経済が融合する街です。

イスカンダル計画(シンガポールとジョホールバル経済の一体化)ではオフショアセンターを初め2018年にシンガポールとジョホールバルのMRT接続、2020年にシンガポール・マレー新幹線開通など巨大な国家プロジェクトが進行しています。

 

◎全世界に広がるネットワーク

日本でも経営者は孤独になりがちです。

まして海外の場合、いったい何を信じて良いかすら判らない厳しい状況です。
和僑会はそのような悩みを抱える多くの仲間が新しい可能性を見つけ出せる出会いの場を提供します。

老若男女が自らの経験や悩みを分ち合い明日の仕事に活かして行ける有志の会です。

是非この機会を多くの方と共有させていただければ幸いです。

 

杉野 哲朗

入会方法
入会方法